歴史とガジェット

歴史を振り返ることもあれば最新のガジェットについて書くこともあります。

ミニマムな財布は地方のお財布事情に太刀打ちできるか

 

いしかわ
さとし
こんにちは、いしかわさとしです。 

北陸のお財布事情(文字通り)

 

北陸住みの僕ですが、気に入らない点があるんですよ!

 

それは都会ほどキャッシュレスが進んでいないところ。。。

 

そのため2つ折りの財布を長い間愛用してきました。

 

ただ最近はQRコード決済が普及してきたこともありクレジットカードが使えないお店でもキャッシュレス決済ができるようになってきました。

 

キャッシュレスの良いところは家計簿を自分でつけなくてもアプリを連携させれば自動的に作ってくれるところ。

 

現金しか使えないから安くしているというお店もあるのですがむしろ家計簿をつける手間がかかるためそういう店は避けるようになってきました。

 

さて、キャッシュレス生活が進んできて今もなお分厚い財布を使い続けるかというと、なかなかスマートでは無いような気がします。

 

 

こんな財布を入手したぜ

と言うことで導入しますはMURAのコンパクトなお財布

 

  

このお財布の最大の特徴はこちら。

下のレバーをジャッキっと押しますとカードが飛び出す仕様になっております。

 

これが

f:id:satoshi_ishikawa:20210311202246j:image

 

こうじゃ

f:id:satoshi_ishikawa:20210311202259j:image

 

 

 

このようなカードが飛び出す仕様の財布で有名なものにはセクリッドというブランドがあります。

 

 

これがおそらくはカードが飛び出す系財布のスタンダードであることは承知しています。

 

ただしこの財布に手が出なかったのには理由がありまして、本当の本当にキャッシュレス対応と言うことで小銭を入れるスペースがありません。

 

いくらキャッシュレスを目指すといっても多少なりともお札を使う機会がありましてその時には小銭がどうしても出てしまいます。

 

僕の場合唯一現金を使う場所は銭湯でありまして、NO銭湯NOライフな人間でありますから小銭を入れるスペースは多少なりとも欲しいというのが本音であります。

 

セクレッドはそれがないので諦めた次第で、でもいいなぁと憧れが募るばかりでありました。そんな折、ないとーさんの動画を見たときにMURAの財布が紹介されておりまして、

youtu.be

 

 

いしかわ
さとし
小銭入れ付いとるやん
 

 

ということで見た瞬間にポチってしまいました。

 

いろいろさわってみたよ

動画のレビュー内ではこの下のレバーがめちゃくちゃ固いと言うことがマイナスポイントとして挙がっていました。

 

僕の場合は5枚カードを入れたときにはかなり硬くてこれは使い物にならないなといった具合でありましたが、カードが4枚(浮き出る文字ががあるタイプ2枚+フラットタイプ2枚)の場合に関してはかなりスムーズに行くので4枚位のカードを入れると考えたらよろしいのではないでしょうか。

 

飛び出す部分に関しては4枚が限界かな、といった具合なのですが、一応側面にあるポケットには薄めのカードなら2枚入ります。わざわざ飛び出す必要がない、むしろ飛び出してはならないようなものはここに入れておくのが吉だと思います。

f:id:satoshi_ishikawa:20210311202744j:image

 

反対側には小銭入れが付いています。

f:id:satoshi_ishikawa:20210311202348j:image

 

開いてみますとちゃんとお札が入ります。お札が入るスペースの横にもちっちゃいスペースがあるのでこの中には切符か何かを入れると良さそう。

f:id:satoshi_ishikawa:20210311202505j:image

 

ミニマムだけれども結構機能が充実しています。

 

これまでは普段財布をカバンの中に入れ、使う時になって取り出すといった手間をかけていました。

 

スーツのズボンにはちゃんとポケットが付いているのにこのポケットが財布を入れるように機能しないとなるとポケットのポテンシャルを全く生かせてなくてつらかった。

 

これ位の小ささだと普段からポケットに入れていても何の問題もないということでかなり重宝しております(買って2日目の感想)。

 

このMURAに限ったことでは無いかもしれませんがこのような飛び出すタイプの財布は北陸でも使えそう(買って2日目の感想)

 

それでは皆さん、よいガジェットライフを。