歴史とガジェット

歴史を振り返ることもあれば最新のガジェットについて書くこともあります。

楽天モバイルの回線が自社エリアかパートナーエリアかを素早く見分ける方法

いしかわ
さとし
こんにちは、いしかわさとしです。 

 

 

 

楽天モバイルは新しくできた携帯キャリアということで自社の回線を普及させている途中です。

そのためまだ楽天回線ではないところ、あるいは楽天回線の電波が弱いところに関してはパートナーエリア回線につながることとなります。

 

楽天モバイルの特長である通信無制限とは楽天モバイル自社回線エリアだけであり、パートナー回線に接続した場合は高速通信に関しては月間5 GBまでしかできません。(パートナー回線エリアでも低速モードのときには無制限に使うことができます。)

 

ではどちらの回線につないでいるのか。公式のツールから判別することができません。

 

 

どのようにして今接続している回線を確認するか。 

※なお僕はiPhoneを使っているのでiPhoneでの使い方についての解説になります。

iPhoneの場合は回線が自動で切り替わることがないので、事前に機内モードのオンオフをするなどして回線をリセットしておいてください。

 

 

有名な方法だと次の通り。

 

  • 電話アプリを使う

1,電話アプリで

 

「*3001#12345#*」

 

と打ち込んで発信ボタンを押します。

 

 

2,All Metrics  > ServingCell Info > freq_band_ind

 

3,番号が3であれば楽天回線。18であればパートナー回線となります。

  

ただこの方法を使って出てくる情報が古くて現在つながっているエリアと違うものが出ることがあります。(経験上)

 

と言うことで僕は現在この方法を使ってはいません。

 

 

僕が1番使っている方法

 

僕は普段から低速モードで利用しているため次の方法が1番使いやすいです。

※低速モードはマイ楽天モバイルのアプリまたはホームページからデータ高速モードをオフにすることでできます。

f:id:satoshi_ishikawa:20210315165440j:image

 

ブラウザで速度を測るツールを検索し、スピードが1 MB前後かあるいは大幅にスピードが早いかどうかでエリアを判断しています。

 

低速モード時のスピード

 

速い:楽天回線

遅い:パートナー回線

 

 

これはたとえ低速モードだったとしても楽天回線につながっていれば高速通信ができることを利用しています。

 

f:id:satoshi_ishikawa:20210315172040j:image

今試しにやってみたらパートナー回線エリアでした。

 

 

ちなみにこの方法を使うときに注意点が1つありまして、

 

いしかわ
さとし
ただしマイ楽天モバイルアプリ、テメェはだめだ。
 

 

 

マイ楽天モバイル公式アプリでも速度を測ることができるのですが、これは高速通信をしていた場合の速度が表示されるので、実際に出ているスピードとは異なる可能性が大です。ご注意ください。

 

細かい設定を見るのがめんどくさいと言う方にオススメの方法です。よかったら使ってみてください。