歴史とガジェット

歴史を振り返ることもあれば最新のガジェットについて書くこともあります。

なぜ僕たちはツンデレが最高だと思うのか。

 

いしかわ
さとし
こんにちは、いしかわさとしです。 

 

こちら北陸の民。最近は昔ほど雪が降らないな、なんて思っていましたら今年はすさまじく、家に閉じこもることを余儀なくされている状態です。

 

日本にいたと思ったらツンドラだった、そんな気分です。

 

やはり極端というのはいけませんね。

 

そう、ツンドラよりもツンデレぐらいにしてくれないと。

 

 

 

というわけで今日はツンデレの良さがどこにあるかについて語っていきたいと思います。

 

これはあくまで個人の感想なので異論は認めます。

 

 

ツンデレの良さはどこにあるか?

→「いき」?

 

一言で言えば、「いき」か、それに相応する概念だと個人的には思っています。

 

 

「いき」とはなにか

普段僕たちがなんとなく良いと思ったものに関して「いき」と言ったりしますが、そもそも「いき」とは何かについて考えていきたいと思います。

 

「いき」について考えた著作として有名な、九鬼周造『「いき」の構造』を読みながら説明していきましょう。

 

 

「いき」の構成要素

「いき」は複数の要素がバランス良く混ざり合ってできています。

 

「いき」を定義する3要素

1.媚態

2.意気

3.諦め

 

1.媚態とはなにか

「媚態」という言葉を見て単純なエロティックなイメージをしてしまうのですが、もう少し詳しく見てみます。

 

媚態はこれまた単独(一元的)に存在するわけではありません。本によりますと異性間における二元的な性質のようです。

 

媚態の成立条件は異性間の交渉にありまして、なるほど「恋愛頭脳戦」といえそうです。

(関係ないけど『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』というマンガがおすすめです)

 

 

 

媚態の面白いところは戦略を仕掛ける部分にあるので、結ばれてしまったら媚態は消滅し、「いき」にならないというところです。

 

恋愛は「結ばれるよりも一方的に好き好き言っている間の方が楽しい」と言ったりしますが、これは「可能性」が存在するからなんですね。

 

ただ、僕はもう少し広義に考えています。男女に限らず二者の関係によって措定されるのではなかろうか、と。

 

恋愛は男女に限定されるものではありませんからね。

 

いずれにせよ、ツンデレ属性というと性格のように捉えられがちですが、一方で誰かツンデレにならざるをえない対象が存在しなければツンデレツンデレたりえないように感じます。

 

 

2.意気とは何か

意気は江戸っ子の「てやんでぇ」みたいなものでしょうか。反骨心? ツンデレキャラって当たり前だけど「ツン」要素があります。「べ、べつにあんたのこと好きじゃないんだからね!」というテンプレの台詞を見てみても語気が強くなっていることがわかります。

 

3.諦めとは何か

諦めはそのまま、執着がない状態。最初は媚態と諦めが両立しうるのかわからなかったのですが、良い意味の「相手のことはどうでも良い」風に思っている、相手を信頼している感じは誠にてぇてぇ。相棒感が良いですよね。

 

悟っているともいえそうです。

 

厭世的な側面もあり、いろんな経験をしてきた人に「諦め」を感じてしまいそうです。

 

 

では、以上の要素がそろっていれば「いき」なのか?

僕は日本人なのでツンデレを「いき」と勝手に関連付けて腑に落ちた部分もありますが、ではツンデレは果たして日本的なものであるのか、というと必ずしもそうではないと思います。

 

しかし九鬼さん曰く「いき」は日本的なものであるらしい。

となれば今まで散々ツンデレは「いき」に内包されているのではないかと散々述べてきましたがここでその仮定が崩壊しそうです。

 

西洋はくっきりと描くことが多いそうですが、日本は、たとえば流し目といった絵画的表現があるように露骨を避けます。

むしろ「日本的でない」状態は「いき」の定義からかけ離れさせてしまう要素とのこと。

 

うーむ。。。

 

このローカル要素がなければツンデレの要素を満たしていると思うんですけどね。

 

そもそも...

今回参考にした『「いき」の構造』はあくまで書かれた当時に定義されたもののような気がします。

 

ネットが発達した現代だと日本的なものと海外のものとの隔たりが以前よりは小さくなっているような気がします。

グローバル化が進むにつれ言葉の定義が変わりつつあるのでは? とか思ったりします。

 

 

例えば歴史、History、Geschichteといった異なる言葉が(その詳細な意味に多少の違いはあれど)同一の語で訳することができるように、各言語に「いき」みたいな(例:フランス語のコケットリー)言葉があれば、それでツンデレの良さを多少なりとも説明できるのではないでしょうか。

 

 

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

  • 作者:九鬼 周造
  • 発売日: 1979/09/17
  • メディア: 文庫
 

 

 

「いき」の構造

「いき」の構造