歴史とガジェット

歴史を振り返ることもあれば最新のガジェットについて書くこともあります。

2020年11月11日のアップルの発表がなぜ注目されているのか

f:id:satoshi_ishikawa:20201108175122j:plain

 

こんにちは。いしかわさとしです。

 

今回はなぜ2020年11月11日のAppleの発表会がなぜ注目されているのかについて書いていこうと思います。

 

 

結論

新型Macに搭載されるAppleシリコンがMacの歴史を大きく変える!?

 

この発表会でキモなのがAppleシリコンです。ではAppleシリコンとは何なのでしょうか?

 

新しいCPUが生まれようとしている

 

パソコンのパーツにCPUというものがあります。

CPUと言うのはパソコンの頭脳にあたるものでこれは大体インテルと言う会社から供給されています。

 

いしかわ
さとし
インテル入ってる
 

 

というキャッチフレーズを聴いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

世の中のパソコンはほぼインテルCPUを積むことを前提にして作られています。

 

WindowsMacといったOSはもちろんソフトウェアもインテルCPUで動くことを前提としています。

 

ここにきてAppleが出そうとしているのはインテル製ではない、独自のCPUを積んだMacです。

 

Appleシリコンによってもたらされるメリット

MaciPhone/iPadとの連係強化

・値段が安くなる

・バッテリーが持つ(消費電力が少ない)

・性能も良い

 

 

Appleシリコンはその名の通りAppleが独自で開発しているものなのでApple製品との相性が良くなる可能性が大きいです。

 

Appleは現在自社製品の連携を強めようとしており例えばiOSMac OSを連携させることを目標としています。

 

つまりiOSmacOS上で動く可能性があると言うことです。

 

また、インテルのCPUは価格が高く、これに置き換わることでパソコン本体の値段も下がるのでは、といわれています。

 

想定されるデメリット

・対応ソフトが少ない

Mac上でWindowsが動かない

 

 

先ほど世の中のパソコンはインテル製のCPUで動くことを前提としていると書きました。つまり動作保証外のソフトウェアが多く出てくるということです。

 

最近ははインテル依存から脱却するという流れになってきていますが動作対象外のソフトは多く残ると思われます。

 

またこれまでMac標準機能でWindowsを起動させることができました。しかしAppleシリコン搭載機では動かなくなります。

これに関してはMicrosoft側がインテル製以外のCPUでも対応したWindowsを開発することで克服することができると思われますが当分先になるでしょう。

 

さいごに

色々書きましたが、ユーザーにとって目に見えてわかるところはやはり価格ではないでしょうか。アップル製品=高いという図式が成り立たなくなる日が近いかもしれません。